赤ちゃんにステロイドを長期使用すると危険?副作用が怖い。

赤ちゃんにステロイドを長期使用すると危険?副作用が怖い。

 

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎と診断された赤ちゃんに、ステロイドが処方されることがあります。
ステロイドは副作用が怖いとご存知の方が多いことから、相当警戒する向きも多いようです。

 

けれども、医師の指示に従い、用法用量を守っていれば、その恐れは低いといえます。
特に、赤ちゃんに処方されるステロイドは、作用の弱いものが多く、健康被害を生じることは少ないのです。
ただ、その分、効果の出方は、緩くなります。

 

問題は、市販のステロイド剤や処方された薬を、長期使用するときです。この場合は、副作用が出る確率が高くなります。
どのような副作用があるのか、見てみましょう。

 

・色素沈着
・皮膚の再生が抑制されて、皮膚が薄くなる
・血管が浮き上がる
・皮膚の免疫力が弱くなり、細菌に感染しやすくなる
・血管がもろくなる
・毛嚢炎
・多毛

 

以上のような副作用が生じたら、市販のものは使用を中止し、皮膚科の診断を受けましょう。
処方されたものなら、すぐに医師に相談をしましょう。

 

ふつう、乳児湿疹やあせもで、ステロイドが処方される場合、短期間しか使わないので、心配する必要はありません。
ところが、アトピー性皮膚炎などの場合は、長期使用の可能性があります。

 

それだけ、副作用が出る確率が増すので、赤ちゃんの肌の状態を日ごろから親がしっかり観察しておく必要があります。
また、処方されたステロイドの名前や特徴も、ちゃんとチェックしておきましょう。

 

もし、何か疑問点があったら、遠慮せずに医師に聞いてみてください。